banner

banner banner banner

脳卒中の種類とその症状について

banner 脳の一部の組織が死んでしまうという病気の総称を「脳卒中」と言います。
これは、脳の血管が破れる「出血性」と脳の血管が詰まる「虚血性」の2つのタイプに大きく分けることが出来ます。
日本人に多い病気でもあり、発作が起きた後には何らかの後遺症が残ってしまう、寝たきりになってしまうということもあります。
脳卒中は、特に高齢者に多い病気であるとも言われており、少子高齢化社会である日本では増加傾向にあるともされています。
脳卒中を防ぐためには、普段の食生活や生活習慣を見直す事が大切です。
具体的には、バランスの良い食事を心掛け、塩分の摂り過ぎを防ぐように心掛けます。
また、血圧の急激な上昇を招くような行動は避けるべきでしょう。

none

自然との調和を目指す企業です

banner 脳卒中というのは、脳の中の血管が詰まったり破れたりして、脳に血液がいかなくなる病気です。
脳に

前触れを見逃さないことが重要です

banner 脳の血管の病気の総称を「脳卒中」と言います。
その中の一つとして「脳梗塞」という病気があります

脳卒中とはどのような病気なのか

banner 脳卒中は、脳の血管が破れたり詰まったりすることによって、その血管の先にある脳細胞に必要な栄養分や酸素

脳卒中の治療法等について

Copyright(c) 脳卒中 All Rights Reserved.